オウロプレットだより90〜村瀬さんお気に入りのパドレファリア教会内部 

サイト内検索CMSパッケージ サポートサイトサイト管理画面

 Blog

ホーム > インフォメーション&ブログ > 現地情報 > オウロプレットだより90〜村瀬さんお気に入りのパドレファリア教会内部

現地情報

オウロプレットだより90〜村瀬さんお気に入りのパドレファリア教会内部
皆さんお元気ですか? 
こちらは時期はずれの雨が降って大変寒い日が続いています。
日本の皆さんが薄着になっていくほどブラジルでは厚着になります。オウロプレットは12度まで下がり、夜中には9度まで下がったそうです。柿の木が赤い実をつけていました。
オウロプレットは聖体際で道路がイースターの時のように飾られ、初めてダスドーレスという小さな教会から行列が出て、信者の人達が喜んでいました。

さて、今日は久しぶりに教会の紹介をしましょう。
これはすでに紹介したパドレファリア教会なのですが、前に紹介したことのある先生が大学生の勉強会があるから来なさいとさそってくださいましたので一緒に行ってきまして、普段は中を撮らせてくれないのにその日はフラッシュを使わなければということで写真が撮れました。 
この教会は 数あるオウロプレットの教会のなかでも私の一番好きな教会なのです。
外観はシンプルな作りなのですが祭壇が外からは想像出来ないくらい彫刻も金箔も豪華です。 
1696年に建てられたもので中には中国人の働いた跡がはっきり残っています。完成後宗派の争いで神父さんが殺され、教会を血で汚したということでローマから100年ものあいだ閉鎖されていました。 
チラデンテス広場からはサンタエフィジェ二ア教会のある山を越えた遠い所にあるので、お時間のないお客様はご案内出来ないのがとても残念です。
 
それとmuguetさんのリクエストがありましたのでヴァウテーさんの本屋さんの中のカフェも一緒に紹介しますね。

  左)パドレファリア教会

パドレファリア教会の内部の祭壇 鐘楼が別棟になっているのが特徴      
  左)祭壇の天井  
  
左)ヴァウテーさんの本屋さん 
右)本屋さんの中のカフェ
  
左)夜のパウラ教会 
右)コインブラ広場の蝋石市とアシス教会
 



  • Posted by 2013年06月06日 (木) | コメントコメント(23

この記事へのコメント

村瀬さん、こんにちは。
ブラジルではとても寒い日が続いているのですね。寒中お見舞い申し上げます。お忙しい御身、どうかお大事になさってくださいませ。

今回でオウロプレットだよりも90回を迎えられたのですわね。素晴らしいことですわ!

さて、今回のパドレファリア教会の内部、拝見できましたことをとっても感激いたしております。祭壇が本当に豪華で金箔がふんだんに使われて、天井画は色目が美しく一面に広がって、教会の外観のすっきりした印象からは想像できないほどの見事な装飾ですわね。村瀬さんがこの教会をお気に入りでいらっしゃいますこともとてもよくわかりますわ。パドレファリア教会がいつまでもきれいに保存されますことを願ってやみません。

それから、ヴァウテーさんと村瀬さんのツーショット、お二人とも笑顔がとても素敵です。お店先には本が整然と並べられていることがわかります。カフェも工夫が凝らされていて、こだわりを持ったお店をヴァウテーさんは経営してらっしゃるのですわね。私のリクエストにお応えくださいまして、本当にありがとうございました。

Posted by muguet 41533 | 2013年06月07日 11:06

村瀬さん、こんにちは。
少し前に記事を送っていただいていたのに更新が遅くなってしまいすみません。
今回のレポートではパドレファリア教会の祭壇と天井画が素晴らしいですね。
ヴァウテーさんとのツーショットもこのブログが取り持ったご縁なのかもしれませんね。オウロプレットだよりも90回を数えます。
先日、このサイトを作ってくれた私と同じ歳の大切な友達が病気のために天国に召されました。でも彼のあとを担っている方がこのサイトを引き続き応援してくれます。とてもありがたいことです。それからここ数ヶ月頻繁に送りつけられていたスパムコメントもブロックできホッとしています。
これからもオウロプレットの素晴らしさを伝える大切なページとして続けていけたらと思います。
100回当面の目標に、これを通過点としてこれからもよろしくお願いします。

Posted by teamsahara0823 | 2013年06月07日 16:16

村瀬さん
こんにちは!なつかしいです~。村瀬さんとたっぷりご一緒した一日。パドレファリア教会。写真を拝見しているとあの日の記憶がよみがえってきて中に吸い込まれていきそうです。彫刻の細部や天井画・・・本当に見事でした。
ひとつ気になっていることがあるのですが、アップの祭壇の天井画と、手前の信者さんの席の上の天井画と、ずいぶん鮮やかさが違うのですが、これはどうしてなのでしょうか?後日こちらの教会を訪れたとき、ガイドさんが「実は鮮やかなほうが古い」ようなことを説明されていたような気がしました。(団体に向かって話していたガイドさんを盗み聞き?していただけなので聞き違えかもしれません。)いつか村瀬さんに確認をしてみたいと思っていました。もしよろしければまた教えてくださいね。
ヴァウテーさんとのお写真、いいですね~。マダム・マサコ様

Posted by yuki | 2013年06月07日 20:56

muguet 41533さん
こんにちは!お元気ですか?
そうなんです。お写真の通り、ヴァウテーさんのお店はとってもお洒落。この間、息子(レオニ)と一緒に「トイレ貸してくださ~い!」と走って入ったら、知的な感じの方が数人、カフェでお話しながらたたずまれておりました・・・。
トイレの内装もこだわりがあるんですよ。レオニはこのトイレが気に入ったようです。

Posted by yuki | 2013年06月07日 21:12

teamsahara0823さん
この度は大切なお友達を失われ、大変気を落とされていることとお察しします。つい先日このサイトのレイアウトを工夫して変えたり、スパムコメントについて対策を考えてくださっていたりして気にかけて下さっていたそうですね。いつかお会いしてお礼を申し上げる機会があればと思っていました。
引き続き応援してくださる方がいらっしゃるとのこと、心強いですね。ありがたいです。これからもよろしくお願い致します。

Posted by yuki | 2013年06月07日 21:31

チームサハラ様
ブログでお世話になっていた方を失われ気落ちされていることと思います。 本当に大切な方だったのですね、お若いのにおしいことです。こういう時には言葉ではとても慰められないものです。 どうそ元気をだして日々お励みください。膝を大切に!
ひきつずき応援してくださる方にくれぐれもよろしくお伝えください。 大勢の方たちに守られてここまでこられました、皆さん本当にありがとうございます。これからも頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

Posted by 村瀬 | 2013年06月10日 10:30

ゆきさん
教会のナービの天井絵は修復できずにあまもりで傷んでしまったのです。 祭壇のほうは雨漏りがしなかったせいもありますが、絵の上塗りが特殊なものだったように聞いています。 こちらの方が先に出来上がっているので確かに古いですね。  いったん傷んでしまうと想像して書くことは禁じられていますので100年も閉鎖されている間にだめになってしまったようです。

Posted by 村瀬 | 2013年06月10日 10:47

村瀬さん
お忙しいところお返事ありがとうございました。雨漏りのせいだったのですね。もちろん今でも素晴らしいですが、もしうまく保存できていたらどんなに鮮やかで見事な天井絵だったことでしょう・・・。惜しいですがこれが歴史だから仕方ないですね。
想像して書くことは禁じられているということは、この村瀬さんのお写真は貴重な記録になりますね!

Posted by yuki | 2013年06月10日 21:47

昨夜仕事から帰ってきてこのページを開けてみてみなさんのコメントを嬉しく読ませていただきました。
早速ヴァウテーさんに連絡しましたら、すぐお返事をくださり {チームサハラさんのご親切に感謝します。皆さんのご繁栄を祈ります} と書いてくれまして、自分の出しているオウロプレット紹介サイト www.bomsera.com.br に 日本のサイトに自分の店が紹介されていると書いて喜んでいました。

Posted by 村瀬 | 2013年06月10日 23:38

初めて、メールさせていただきます。今月の30日に静岡県の浜松から、オウロプレットに行きます、色々なサイトをさがして、こちらのサイトにたどりつきました。ますます行く日がたのしみです。飛行機の都合で、ベロオリゾンチに深夜に到着するのが、不安です。最新の情報を期待しています。

Posted by 佐藤 | 2013年06月13日 21:50

佐藤様
メールありがとうございました。 今後ともどうぞご贔屓に願います。
ベロに深夜に着かれるとのこと、さぞご心配のことと存知ます。 けれどもベロオリゾンチはリオやサンパウロよりは治安の良いところですので、旅行社の方かお友だちがお迎えに行くのでしたら心配ありません。 今こちらの気候は冬なので寒いですが昼間は23度くらいで、夜は12度くらいです。 オウロプレットはこれよりもう少し寒いので上着が必要です。 でも昼間は暑くなりますので、脱いだり着たり出来る服装が理想です。 こちらは湿度がすくなく乾燥しているので寒暖の差が激しいのです。 特にオウロプレットは標高が1100mなので,日本の方は 軽井沢のようだね と おっしゃいます。 石畳の坂道の多いところなのでスニーカーのような歩きやすい靴が良いと思います。 この日はもうサッカーの混雑はないかもしれませんが、ベロは人工250万の大都会なので昼間の車の渋滞は移動の時に頭に入れて早めに行動されたほうが良いと思います。  オウロプレットはベロから100Kmで1時間半かかります。
まだ何か他に必要な情報が欲しければいつでもこのHPのコメント欄にどうぞ。  良い旅行が出来ますように。

Posted by 村瀬 | 2013年06月14日 01:05

村瀬様、最新の情報ありがとうございます。当地、浜松では30度を超え、台風崩れの低気圧の影響か、湿度が高く、蒸し暑い日々です。そちらとは、正反対の感じですね。今回、一人旅ですので、ベロの到着バスターミナルからホテルまでは、タクシーで行きます。6月30日の午後、または翌1日の午前にオウロプレットのガイドをお願いできますでしょうか?料金等教えてください。30日に一泊できる、お勧めのポウサーダ等ありますでしょうか?よろしくおねがいします。

Posted by 佐藤規夫 | 2013年06月15日 00:04

佐藤様
このサイトは浜松の先生が始めてくださったのですよ、何か縁を感じますね。
夜中に着かれるということですが、30日なのですか? それでタクシーで ベロのホテルに泊まるのですか?
 ちょっと かん違いされているみたいですね、オウロプレットはベロから100Km離れているのですよ。
私はベロに住んでいます。 私は30日は用事があって出られませんが、1日でしたらご案内できますが午前中だけなのでしょうか?  1日は月曜日なのでオウロプレットの教会や博物館などは閉まっています。
もっと詳しい日程を教えてください。
masakomurasebh@gmail.com

Posted by 村瀬 | 2013年06月15日 01:34

佐藤様
始めまして!オウロプレットに住んでいるyukiと申します。浜松からいらっしゃるのですね。こちらのサイトと浜松はとてもご縁が深く、もうオウロプレットと姉妹都市にしてほしいくらいです!実は私も浜松に住んでいたことがあります。そちらはもう30℃も越えているのですね。
さて、オウロプレットの今の様子は村瀬さんのおっしゃるとおりです。昼暑く、夜寒く・・・最近は夜中は10度を切ることもあります。日本の真冬とは比べ物になりませんが、暑い日本からいらっしゃることと、昼夜の温度の差があることから思ったより涼しく感じるかもしれません。今は乾季のはずなのですが先週まで季節はずれの雨が降ったりしていました。
また一人日本の方がオウロプレットを訪れてくださると思うと嬉しくなります。何かあればいつでもこちらにコメントしてくださいね。あ、7月1日は月曜日なので教会などが閉館日のところもあるかと思われます。村瀬さんがよくご存知ですのでご相談されてくださいね。
では、ボア・ヴィアージェン!!

Posted by yuki | 2013年06月15日 02:06

すみません。上記コメント、村瀬さんとちょうど同じ時間に書き込んでいたようで内容がだぶっている箇所がありました。

Posted by yuki | 2013年06月15日 02:11

YUKIさん、こんにちは、はじめまして。意外な浜松つながりですね。私はずっと浜松生まれ、浜松育ちです、って自慢にはならないか・・・よいところですよ。オウロプレットいまひとつ、こちらでは知名度が・・・色々なブラジルがあるのにね。サイト見させていただくと、自然が豊かなところですね!!今回短時間ですが、そんな自然にも触れられればと楽しみにしています。それと、食べ物も!!!よろしく!!!

Posted by 佐藤規夫 | 2013年06月21日 00:48

佐藤様
浜松はとてもなつかしいです!私は引越しが多く日本とブラジルのいろんなところに住みましたが、浜松はその中でもまた住んでみたい場所です。
オウロプレットそうですね。オウロプレットは日本人が持つ「ブラジル」のイメージからかけはなれていますし、知名度はいまひとつでしょうか。ブラジル内では有名なのですよ。
昨日村瀬さんからご連絡をいただきました。今回はご旅行をキャンセルしなくてはならなくなってしまったとのこと、とても残念です。またいつかごゆっくりいらっしゃって下さいね。それまでに私も食べ物と自然の穴場?をリサーチしておきます!

Posted by yuki | 2013年06月24日 19:43

yukiさん今晩は。日本人の持つ「ブラジル」の、イメージって、サンバとサッカーだけみたい?でも、色々な顔があるんですよね、この国は。15年くらい以前、アパレシーダ、パラチに行きました。あそこもブラジルが感じられました。今回はサンパウロ周辺だけになりそうです。オウロプレット次回の楽しみかな?その間、このサイトを楽しみにしています。お元気で!!

Posted by 佐藤 | 2013年06月24日 22:54

しばらくぶりにブログを開いてみたら、なんと盛り上がっていることでしょう。

新しく登場してくださった「浜松の佐藤さん」、オウロプレットを訪ねたら、村瀬さんとゆきさんには必ずお会いになるといいですね。
浜松とお聞きするととても身近に感じます。昨年末まで30年8ヶ月住んでいたところですから。これからもこのサイトで情報収集してください。

村瀬さんがお住まいのベロオリゾンテが日本でもデモのニュースで頻繁に登場していて、少し心配になりました。でも大都会ですから、村瀬さんのお住まいになられているあたりはあまり関係ないのでしょうか?

ゆきさん、お元気ですか?
日本に帰国する予定はまだまだ先でしょうか。ピンガを楽しみに、、いえいえ再会を楽しみに、成田までお出迎えします。

Posted by teamsahara0823 | 2013年06月25日 21:23

チームサハラ様
そうなのです、今私はコンフェデレイションに来ているお客様のアテンドでてんてこまいをしています。
特に明日決勝戦を見にいかれるお客様のご案内をしてサッカー場へ行かなければなりません。お客様を無事ホテルに送りとどけるまで気をゆるせません。 明日が一番デモ隊の行動が激しいようですので、周りの友だちまで皆で心配してくれています。そのデモ隊が集る街の中心にお客様がお泊りのホテルがあるので、試合が終ってからホテルに見なさんが入られるまで心配です。 本当のデモ隊は学生がおおく、抗議だけをしているのですが、その中に悪い人達がまぎれこんで暴動をおこしているのです。
とにかく ここ2,3日大変です。
佐藤さんはお時間の都合がつかないようで今回は残念ながらオウロプレットへはいかれないようです。
私は手一杯なので ゆきさんにお願いしようと思っていたのですけれど・・・・・・きっと浜松の話でもりあがったことでしょうにね。
次回を楽しみにしていますので、どうぞよろしく。

Posted by 村瀬 | 2013年06月26日 05:53

村瀬様
日本からのお客様、無事にお帰りになられたことと思います。ご苦労様でしたね。きっと、皆さん試合は、ともかく今のブラジルを実感されたことと思います。遠くて近い国、あるいは、近くて遠い国、訪れた皆さん、どのように感じられたでしょうか?私もブラジルを、ミナスってどんなところかな?って思います。お元気で!!!

Posted by 佐藤 | 2013年06月27日 23:51

佐藤様
もう、ブラジルのいろいろな顔をご存知なのですね。私もブラジルは知れば知るほど奥が深いなあと感じます。ぜひ次回はミナス、オウロプレットにいらっしゃってください!それまではこちらのサイトでお楽しみください~!

teamsahara0823さん
もしかしたらこの9月に日本に行けるかもしれません!まだ確定ではないのですが・・・。その時はピンガとともに参上いたします 笑。成田経由になるかまだ分かりませんが、もし違っても、厳重に梱包して宅急便でお送りしますよ~。お楽しみに。

村瀬さん
大変な毎日だと思われますが大丈夫ですか?昨日のテレビニュースを見て村瀬さんがとても心配になりました。私は2日前、ベロオリゾンチに用事があったのですが市の入り口すぐ手前の高速道路でデモがあり、4時間通行止めになってたどり着けませんでした・・・。オウロプレットでももうデモ行進が二度ありました。オウロプレットらしくとても平和的に終わったようです。
これからワールドカップ、オリンピックとどうなることやら・・・ですね。
「悪い人が紛れ込んで暴動を起こしている」という村瀬さんの表現に拍手!日本のニュースでは「デモ隊の一部が暴徒化し」という表現なので、それは違うでしょ!といつもつっこんでいました。あんな暴力的な人達は1%にも満たないですよね。そういう人はもともと破壊したり盗んだりするためだけに現場に行っているんですよね。
村瀬さんとお客様のご無事をお祈りしています。

Posted by yuki | 2013年06月29日 04:00

ゆきさん
心配してくださってありがとう!!! とても大変な思いをして働きました。 でもお客様には無事試合をみていただき、迷子もださず無事ホテルに送り届けることができました。 そのあと私は4時間も家にかえることが出来ずに、ホテルの中にお腹をすかして隠れていたのです。子供のころ家族皆で防空壕ににげこんだ事などが思い出され、普段の平和な生活がとても幸せなことなのだとしみじみ感じました。
子供達や周りの友だちも皆心配してくれていまして、来年のワールドカップや16年の時はもうこの老体を鞭打ってまでこういう仕事はしないと心に決めました。 もちろんサッカー以外のオウロプレット観光の仕事はつずけますけれど・・・・・
ゆきさんを巻き込まなくてよかった!!! とつくずく思いました。

Posted by 村瀬 | 2013年07月02日 00:34

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。



teamsahara0823をフォローしましょう