オウロプレットだより117〜古都コンゴーニャスの紹介 by Yuki-san 

サイト内検索CMSパッケージ サポートサイトサイト管理画面

 Blog

ホーム > インフォメーション&ブログ > 現地情報 > オウロプレットだより117〜古都コンゴーニャスの紹介 by Yuki-sa...

現地情報

オウロプレットだより117〜古都コンゴーニャスの紹介 by Yuki-san
こんにちは!
春に入り、記録的な暑さのオウロプレットからです。
日中は30℃以上で、湿度は低くカラッとしています。9月前半の寒さがうそのようです。
紫・ピンク・黄色のイペ、薔薇などの花々が次々に咲き、蜂や鳥も忙しそう。もうセミまで鳴いています。
 
今日は古都コンゴーニャスの写真をお送りしたいと思います。
コンゴーニャスはオウロプレットからは車で1時間ちょっと。起伏が多く景色がとてもいい山間の道を通って行きます。今の時期はちょうどきれいな黄色イペの花が見えます。
 
コンゴーニャスはオウロプレットと同じように彫刻家アレイジャジーニョの作品が多く残されていることで有名です。
ボン ジェズス デ マトズィーニョス教会前の石鹸石の像や、キリストの受難を一場面ずつ再現した木の彫刻、教会内の装飾。200年も前の作品ですが、今にも動き出しそうなほどに躍動感あふれ、顔の表情も生き生きとしています。それでいてどこか素朴な、真っ直ぐな印象も受けます。確か村瀬さんが、アレイジャジーニョは晩年、持病で手が使えなくなってからも腕に金槌とノミを巻きつけて精魂こめて作り上げたとおっしゃっていましたがその覇気と人柄が伝わってくるようです。
 
私も少しは勉強して行ったのですが、説明して下さる村瀬さんが一緒にいてくれたらどんなに有意義だったろうと思いました。彫刻や教会芸術がお好きな方は村瀬さんのご案内でぜひオウロプレットと併せてコンゴーニャスも訪れていただけたらと思います。一見の価値があります。
 
教会本堂の横にはお礼参りの部屋があります。この部屋は写真や礼状で壁四面びっしり覆いつくされています。まだカメラがない時代の、手描きの肖像画もたくさんあります。足が治った人は足の模型、事故で助かった人は事故現場の写真など、思い思いに感謝の気持ちを表現しています。無数の信者さんの思いがあふれるようで、入った時には鳥肌が立ちました。こちらはさすがに写真は撮れませんでした。
 
この日はたまたま巡礼祭の週で、街はブラジル全国からの巡礼者であふれていました。期間中に30万人訪れるそうです。石畳の坂道にも露店が両側に並び通れないほどで、教会正面の広場もステージが設けられて人がいっぱいでした。市役所のサイトによると毎年9714日ですのでご参考にしてください。ハレの日の賑やかなエネルギー満々の古都もいいですが、また普通の日にもゆっくりと静かに鑑賞してみたいなと思います。

左)ボン ジェズス教会。普段はステージはありません
右)教会前の広場は花見のよう。プラネタリウムのように見える丸い建物の中に1シーンずつキリストの受難が再現されています。

木像による受難シーン①

木像による受難シーン②

アレイジャジーニョ作の石鹸石の予言者像

左)
アレイジャジーニョ作の石鹸石の予言者像
右)教会付属の礼拝堂の中。(本堂内は撮影禁止です)

反対側の丘に見えるコンセイサォン教会。コンゴーニャスも坂の多い町です



  • Posted by 2015年10月01日 (木) | コメントコメント(2

この記事へのコメント

ゆきさん、こんにちは。
オウロプレットでの残り少ない日々、お忙しい中今回もオウロプレットだよりをありがとうございました。
日本は真夏の暑さが過ぎてからというもの雨続きで涼しい日が多く、最近はもうすっかり秋が深まってきました。
古都コンゴーニャスもマリアナも私は時間がなくて案内していただくことはできませんでしたが、行ってみたいですね。村瀬さんの名刺に確かに「オウロプレット・マリアナ・チラデンチス」とともに「コンゴーニャス」も書かれてい多様な気がします。

異国の地で「ブラジル日本友好120周年」の記念行事が行われていても、日本ではそのことを知る人はいません。なんだか残念ですね。でも、村瀬さんが引っ張りだこなのはよくわかる気がします。村瀬さん、頑張っていらっしゃるのですね。

この次のオウロプレットだよりは新天地からでしょうか?お忙しいと思います。くれぐれも無理されませんように。

Posted by teamsahara0823 | 2015年10月01日 22:22

teamsahara0823 さん
今度ブラジルにいらっしゃるときは、ぜひゆっくりマリアナもコンゴーニャスも村瀬さんとまわってみてください。カシャッサの飲み比べもしないといけないですし(笑)、イタコロミ山にも登って・・・2・3週間はいてください!その時は私もご一緒できたらと思います。
「ブラジル日本友好120周年」はブラジルの日系社会では大切なことなのでブラジル全域で特にサンパウロ州内ではいろいろと記念行事が行われたそうです。日本国内と同じく一般的なブラジル人では知っている人はあまりいないです。特に最近は汚職や事件などの悪いニュースが多く、余裕がなくなっているからかもしれません。
村瀬さんは相変わらずお元気そうでしたよ!

Posted by yuki | 2015年10月04日 12:41

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。



teamsahara0823をフォローしましょう