村瀬さんがガイドになったいきさつ 

サイト内検索CMSパッケージ サポートサイトサイト管理画面

 Blog

ホーム > インフォメーション&ブログ > コメント紹介 > 村瀬さんがガイドになったいきさつ

コメント紹介

村瀬さんがガイドになったいきさつ
私がガイドになったきっかけは、子離れ(4人)が始まり、もっとポルトガル語を勉強したいと思って探した専門学校でガイド部門を見つけた事です。
娘のころには色々な学校や家庭教師などで勉強しましたが、いまさら理数系はやりたくないなと思い、もともと歴史が好きだったのでそこで歴史の街科を選びました。その時はガイドになるつもりではありませんでした。もともとオウロプレットが好きだった事もありますが、辞書を片手に大学生や中学の社会科の先生達の中に混じって夜7時から10時迄、家に着くのは11時と大変でした。でも周りの人に助けられながら最初の年はすべりましたが2年目に試験にパスしてミナス州の公認ガイドになれました。でも日本人のお客様をご案内するには、学校で勉強した事だけではとても足りません、植物、鉱物、聖体学など等別に個人で勉強し今も勉強は怠らないようにしています。一番大変なのは日本に住んでいない私が現代日本語(カタカナ英語入り)をおぼえなければならないことです。いつか村瀬さんの日本語は古い東京弁だ、いや江戸弁だと言われた事があり、とても悔しい思いをした事がありますので、面白くも無いNHKをみて勉強しているつもりです。私のお客様は会社の重役さんとか、大使さん領事さんとか偉い方が多いのです。将来はもっと一般の方々がアジアばかりではなくこちらにもっと来てくださる事を祈っています。一度来た方は皆また来たいとおっしゃいます。オウロプレットは治安が良い所なのでお泊りになると夜が素敵です。是非来てください。お会いしたいです。mugueさんへ


(コメントの書き込みが分かりにくい階層にありましたので整理して紹介します。オリジナルの
 コメントの書き込みもそのまま残してありますので重複していますがご了承ください。)

Posted by 村瀬 | 2011年01月15日 06:22




  • Posted by 2011年01月15日 (土) | コメントコメント(1

この記事へのコメント

村瀬さん、オーロプレットのガイドさんになられました経緯を、ご私的なことにもかかわらず、教えてくださりありがとうございました。
四人のお子さんの子離れが始まって、ご自身のお時間ができるようになって、それで、ポルトガル語のお勉強をもっとなさりたいとのお気持ちから、偶然にも語学学校で見つけられたガイドコースでのお勉強が今のお仕事につながっていられるとのこと。
子離れが始まったとはいえ、主婦業をなさりながらの夜間の毎回三時間のお勉強と、公認ガイドの試験勉強は、気力、体力、知力、記憶力が充実していなければ、成し遂げられなかったことと存じます。素晴らしいことですわね。
その上、ご自身で今でもガイドのためのお勉強を継続なさっていられるとのこと。村瀬さんは、向学心が本当に旺盛でいられるだけでなく、オーロプレットのことを訪れる日本人にオーロプレットのことをたくさん理解して欲しいというお気持ちがとてもお強いのだと存じます。そのようなご熱意と村瀬さんのお人柄の良さが、きっとガイドさんのお仕事に向いていられることと存じます。
以前、日本語のご指摘を受けられたことがおありのようですが、こうしてブログでやり取りをさせていただいている限り、特に違和感は感じませんですわよ。NHKをご覧になっていられるようですが、ラジオ日本(NHKラジオの海外版)も聴取できるようでしたら、お聴きになられてみてくださいませ。結構、面白い番組があると私は思っています。

オーロプレットは治安が良いところなのですね。村瀬さんのお写真からも、チームサハラの皆さんのお写真からも、街全体に落ち着いた雰囲気がかもし出されているように感じます。
その後、村瀬さん、何かお写真は撮影できましたでしょうか。
引き続き、オーロプレットの情報とお写真を楽しみにしておりますわね。

今では、私にとりまして、このブログを拝見することは毎朝の日課となっています。

Posted by muguet41533 | 2011年01月16日 07:12

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。



teamsahara0823をフォローしましょう